A5:SQL Mk-2

Windows用A5:SQL Mk-2

CUI/GUIの両方で構築可能 主要DB製品の実行計画も見える

A5:SQL Mk-2はデータベース開発を支援するための無料SQL開発環境です。 無料とは思えない高機能と、フリーソフトならではの軽快さを両立しています。 SQLの作成・実行、テーブル編集はもちろん、SQLの実行計画を取得したり、ER図を作成したりすることができます。A5:SQL... 完全な説明を見ます

賛成票

  • エディターに構文を書ける一方、グラフィカルユーザーインターフェースからも構文を生成できる
  • 主要データベース製品の実行計画が見ることができる
  • 実行結果をExcel形式のファイルに出力できる

反対票

  • ER図の作成機能はやや弱い

とても良い
8

A5:SQL Mk-2はデータベース開発を支援するための無料SQL開発環境です。 無料とは思えない高機能と、フリーソフトならではの軽快さを両立しています。 SQLの作成・実行、テーブル編集はもちろん、SQLの実行計画を取得したり、ER図を作成したりすることができます。

A5:SQL Mk-2は、SQLエディター、デザイナー、テーブルエディター、実行計画、定義書作成画面などで構成されています。ADOやODBCドライバーを経由してデータベースに接続し、作成したSQL文を実行、その結果をプレビューすることができます。実行結果をMicrosoft Excelファイルとして出力することも可能です。

メイン画面はサイドバーと編集画面の2つからなり、サイドバーにはデータベースと、スキーマ・テーブル・ビューといった項目がツリー形式で表示されます。編集画面はタブ切り替え式なので、SQL文やテーブルなどを複数開いて切り替えながら作業することができます。SQL文の作成時の入力支援機能も強力で、構文を解析して適切なインデントや色分けを自動設定したり、テーブル名やキーワードなどの入力候補の表示もできます。“クエリーデザイナ”を使えばグラフィカル・ユーザー・インターフェースを用いて構文を作成することもできます。

市販品にも匹敵する高機能で様々なことができますが、中でも便利な機能に注目すると、Oracleなど主要なDB製品の実行計画を取得できることが挙げられます。対応しているデータベースを選択し、「SQLの実行計画」を選択するかCtrl+Eを押すことで、SQLの実行計画を取得することができます。パフォーマンス上問題となる可能性のある個所は赤い色で表示されるので、この結果を見てSQLのチューニングを行うことができます。ER図の作成機能もありますが、Visioなど専用ソフトに比べれば操作性はやや劣るようです。

A5:SQL Mk-2はデータベース開発の生産性を向上させるために開発されたSQL開発ツールです。

A5:SQL Mk-2 は以下の形式に対応しています

SQL実行計画をサポートするデータベース製品:
Oracle Database (PLAN_TABLE表を先に作成しておく必要があります)
IBM DB2 UDB (EXPLAIN表を先に作成しておく必要があります)
Microsoft SQLServer
MySQL
PostgreSQL

A5:SQL Mk-2

ダウンロード

A5:SQL Mk-2 2.5.1

ユーザーレビュー

スポンサー×